" />

こころの風景 スケッチ:こころの風景

神戸、三景。

ふらっと神戸、スケッチウォーク。

月1回参加している「スケッチ教室」のテーマは北野の異人館ということで神戸へ。異人館の一つであるハンター邸<萌黄の館>を描く前に、駅から海側の旧居留地を訪ねました。
美しくく整備された街は山と海に挟まれえて独特の景観美です。最初に目を引いた建物は大丸百貨の南東にある「38番館」。ここは現在大丸神戸店が経営するブティックがあります。
38番館

そこから15番館へ。明治13年(1880年)頃に建設された旧居留地に現存する唯一の商館です。平成7年(1995年)の阪神・淡路大震災により全壊しましたが平成10年(1998年)再建されたものです。

スケッチメンバーの集合時間が近づいたのでJR三ノ宮駅から今度は山側へ北野エリアへ向かいます。結構きつい坂を、見えている「風見鶏の館」を目指して登り到着。
最も有名なこの風見鶏の館に来るのははかれこれ30年振りです。頭にある記憶では広い、大きいというイメージでしたが、目の当たりにすると、こんなに小さかったかな!?という印象です。

風見鶏の館

風見鶏の館

スケッチ教室の今回のテーマ「萌黄の館」は風見鶏の館のすぐ西側にあり、その名の通り建物が萌黄色、つまり明るい黄緑のペンキが美しい異人館です。ハンター・シャープの邸宅だった時から所有者が変わり修復されて白い建物になり、さらに元の色が見つかって再び萌黄色になったということです。

今回描いた作品は改めて掲載する予定です。

スケッチを終えて三ノ宮に向けて坂を降りていく途中にあるのがSTARBACKS COFFEEのお店。1907年(明治40年)に建築された木造2階建ての建物は米国人所有の住宅でしたが、阪神・淡路大震災の後、取り壊される予定でしたが、神戸市が建物の寄贈を受けた上で解体・部材保管し、
現在地に再建・移築されたものです。今はコーヒーショップとして多くの人の憩いの場となっています。
STARBACKS COFFEE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほぼ1日、久しぶりの神戸を楽しみました。
今回はモノクロで描きたくなり、チャレンジしてみた3景です。

© 2021 Massyの水彩画こころ絵帖 Powered by AFFINGER5