" />

こころの名店、名品 スケッチ:こころの名店、名品

こころの名店、名品 6

焼鳥 正起屋の「とり弁当B」

 

とり弁当B

ときどき無性に食べたくなるのが、焼鳥の名店、昭和27年に創業、間も無く70年を迎える大阪の老舗「正起屋(まさきや)」の「とり弁当」
このとり弁当には2種類あって、半月形の器でいただくのがB弁当である。
左下から、しば漬け、ゴマ昆布、酢レンコン、玉子焼き、ササミ磯部揚げ、カラアゲ、ご飯の上に乗っているのが炒り卵、そして甘辛いとりそぼろ、さらに紅生姜が添えられている。
またセットの鳥スープもお弁当といいコンビネーションである。

店舗は難波エリアに2店舗、梅田に2店舗、堺に1店舗の5店。以前東京から出張で来られた取引先の美味しいもの好きの方をお連れしたことがあったが、関東では味わえないことを残念がっていたことを、いただく度に思い出す。まさに大阪自慢の一品、これからも変わらぬ味でいて欲しい。

正起屋のホームページはここから

 

【水彩画 こころの名店、名品とは】

長い歴史を経て今日まで続いている店、その商品は長く愛されてきた証拠。
世に名品、と言われるもの意外にも数多くの素晴らしいものが存在します。
私にとっての「美味しいもの」を中心に、
その店、その味に敬意を払いながら、
今後ますます繁盛しますようにとの思いを込め、描くテーマ2としました。

© 2021 Massyの水彩画こころ絵帖 Powered by AFFINGER5